家具をつくる

家具を作る

DIYとはDo It Yourselfの頭文字であり日曜大工などのように自分で何かを作ったりすることです。DIYで家具を作ろうと思った時には材料のほかに様々な道具が必要になります。例えばドライバーやトンカチ、ノコギリなどです。これらDIYに必要なものはホームセンターやネットなどで購入することができます。ドライバーは500円程度で購入でき、トンカチは1200円程度ノコギリは1000円程度でいいものをそろえることができます。安いものでは100円ショップで購入する方法もあります。家具を作るときに必要な木材や板材や釘などの材料もネットやホームセンターで揃えることができます。道具や材料をすべて合わせても10万円程度には収まると思われます。

DIYを行うメリットとして自分で作るということに対する特徴があります。これは自分で作ることで愛着がわき買ってきた物とは違った良さが出るというものです。ほかにも自分の家の大きさにぴったり合う家具がなかなか見つからないときなども自由なサイズで製作することが可能であるためいいものができます。価格に関しては作った方が安くなることもありますが一概には言えないので場合に応じて柔軟に対応することが重要です。例えば一から作るのではなく売っている家具を購入して塗装や装飾などを施すことで自分の好みにアレンジしていくことができます。 子どもに対しても何事も自分で挑戦するという教育ができ、一緒に製作を行うことで親子のキズナも深まります。